日本市場では徐々に広がって参っておりますが一般的にはマイナーな「いす式階段昇降機」を詳しくご説明いたします

いす式階段昇降機とは?

階段に設けられたレール上を一人の利用者がいすに座って上下走行するリフトで「曲線型=曲がり階段用」と「直線型=下から上まで真直ぐで途中に踊場の無い直線階段用」で全ての階段に対応しております。(条件によっては設置出来ない階段も有りますので詳しくはお問合せ下さい)「直線型」と「曲線型」も見た目は似ておりますが機械とレールの構造は全く別物と云える程の違いが有り、コストも大幅に違いますので、主に「曲線型」を説明致します。

曲線型とは

いす式昇降機の曲線型
途中に踊り場のある階段や90度コーナーの有る階段などで直線階段以外は全て曲線型で対応となります

特徴:曲線階段は傾斜角度も段数もコーナー数も違いますのでその階段に合わせたレールが特注で製作されます。曲線型は階段形状により水平部や階段独自の傾斜角度で走行する必要がありますので、当然ながら、傾斜角度が変化しても座面は常に水平に保持される必要があります。又、コーナーを廻る為のローラーの構造が必要となります。一方、「直線型」は一定角度の直線レール上を走りますのでコーナー回転やレール傾斜度の変化が無い為に機械の構造も簡素化されております。
つまり、曲線型直線型は見た目は似た階段昇降機ですが、機械の構造上は全く別の機械と言えるでしょうその為に、曲線型はお値段の上でも時には直線型の3倍もの価格になる事も有る訳です

レール製造の説明

カーブレール
コーナー付の曲線階段は傾斜角度、有効巾、下から上までの距離、コーナーまでの距離等の全ての面で規格外の階段で、それぞれの階段にレールを設置するには
受注生産以外に方法が無く、手作りのレールとなっております。しかも、曲線型のレールはミリ単位の正確さを要求されており、万一、20mm以上の狂いが生じた折にはレールを作り直されるケースもあります。いす式階段昇降機の品質を左右するのもレール次第とも言えるでしょう。それだけに、階段の採寸作業が非常に重要で細心の注意が必要とされ、又、レイアウト図も正確に作成の必要がある訳です

又、お使いになる方の事情に合わせて安全性と使い勝手の良さを考慮したレールの設計が重要で、せっかくいす式階段昇降機を設置致しましても使い勝手が悪ければ結果的には日々のご利用に幣害が生じる事にもなる次第です

一本パイプレール

内回り
殆どの他機種は2本レール方式が採用されている様ですが、フローリフトは世界で初めて一本パイプレール方式が開発されました。最大の利点として、走行時の摩擦係数が大幅に軽減された事とレール上を走行すつ駆動部と座面を水平に保持する構造が別離した事に依り最大傾斜角度が70度まで可能となり、らせん状の階段の内回りが可能となりました。ちなみに、2本レール構造の場合は最大傾斜角度は52度~55度が限界の様です。これ以上ではいす全体が不安定で走行時の摩擦係数も大きく走行出来ません。
又、一本パイプレールに依り階段の内回り(通常は摩擦係数が大きくて2本レールでは難しかった)にも強くなり、しかも、ねじれレール(3D曲げ)も問題なく
スムースな走行が可能となりましたこの様な機械の構造と特徴により恐らく日本では最初と思われる360度のらせん階段の内回りにも弊社がフローリフトを設置出来た訳です

座面水平保持

水平座面
曲線型はスタートから停止までのレール傾斜角度が変動致します。例えば、階段では50度の角度でも2階のフローアーでは水平となります。又、階段途中に踊場が有れば、この踊場では水平となります。つまり、どの角度でも座面を水平に保持する必要が有る訳です。右の写真ではレールに沿って駆動部が傾斜しておりますが人の座る座面は水平を保っております

殆どのいす式階段昇降機は2本レールを採用されている様です。2本のレールはいすを水平に保持する役割と階段昇降機自体をレール上で
走行させる為に上下の二ヶ所の支点を確保する役割を担っております。これに対して、フローリフトは世界でも初めて開発された一本パイプレール方式で、
レールの角度が変わりましてもいすの座面は常に水平に保たれる駆動部といすの構造となっております。
構造は、いすの座面を水平に保持する為には座面の下に水平感知センサーとモーターが連動して常に座面が保持される仕組みとなっております

階段昇降機でも直線型は傾斜角度が一定の為に駆動部の傾きに合わせていすを固定すれば事が足りますが、曲線型は上記の様にレール若しくは機械の構造や機構で保持装置を別途組込む必要が有り、これらも曲線型のコスト高につながっております

レールの曲げ加工

内回り
コーナー部のレール曲げ加工も特殊技術を要する事もあります。駆動装置の構造上、回転半径に限度があり2本レールの駆動装置では階段の内回りに弱点がありました。いす式階段昇降機は原則的には自走式(いすの下の駆動部にモーターが組込まれて走行する)で駆動部のギアーがレールに取付けられた”ラック若しくはチェーン”を噛みながら走行致します。殆どの場合、コーナー部分では傾斜角度が付いて”ねじれ”が生じますが、レールの”ねじれ”だけで無くラックの”ねじれ”加工が非常に難しく特殊技術を要しております。ラックの加工が悪ければギアーがラックに噛みこまなくなりますのでいす式階段昇降機が走行出来なくなります。極力、狭い半径での回転と急勾配での昇降が可能で有る機械構造として理想的なのが一本パイプレール方式でフローリフトが世界で初めて開発に成功した階段昇降機です。レールに関して申せば、オーダーメイドで特殊曲げ加工が必要なレールの為に価格的に高価ないす式階段昇降機となる次第です

いす式階段昇降機の直線型

下から上まで一直線で途中に踊場も無い階段専用で、多くは25度前後から53度ぐらいまでの傾斜角度に対応しております。最近の機種では成型アルミレールが主流の様で、1本を2.5メーターに裁断して現場へ搬入してから据付時に2本をジョイントして利用するのが一般的です。レールの傾斜角度は一定しておりますので座面はレール角度に合わせて固定されます。

いす式階段昇降機の直線型は構造も簡素化されております。階段に沿って傾斜しておりますがレール自体は真直ぐな一直線で座席や足置台等は水平の状態で駆動部に固定すれば事足ります。ケーブルカーの様に座面が傾斜角度に合わせて水平の状態で全体が上下走行するだけです。上階での「いす回転」もレバー操作でいす回転のロックを外してご利用者が体反動を付けて回転させるか、手すり等を利用して座面を回転させます。この折には足置台は回転いたしません。つまり、直線型は座面を水平に保持する機構もカーブを廻る構造も不要で駆動部の機能が階段昇降機の品質を決定する機械とも言えるでしょう。この様に直線型はレールも材質はアルミニュームですので最初に型を準備すれば製造は一定の量を製造して在庫も可能となり、又、駆動部も単純化されておりますので製造コスト自体曲線型と比べるとはるかに低コストで製造が可能となる訳です。

車いす用

車椅子用階段昇降機

車椅子
利用者が車椅子に座った状態で車椅子ごと用意されたテーブル(プラットフォームとも呼ばれる)に乗り込んで階段を昇り降りする為の昇降機です。いす式と比べて大型機械と言えます。いす式階段昇降機の最大積載量は100キロ程度ですが車椅子用は180キロ以上となりますので一般家庭の階段には適しておりません。尚、車椅子用としてエレベーターの様に垂直移動の段差昇降リフトも利用されており、段差昇降リフトの小型は一般家庭でも利用されております。

車椅子用の階段昇降機の場合は特に下段での車椅子の乗込み及び下車の為のスペースを確保する必要があり、場合に依れば階段から2Mのスペースが必要となりますのでご注意下さい。

前のページに戻る

参考価格表

いす式階段昇降機の参考価格表

お問合せ カタログ請求

お問合せ

ビデオ鑑賞

ビデオ鑑賞

良くある質問集

良くある質問集

実績集

実績集

階段のタイプ

階段のタイプ

↑ PAGE TOP

Copyright(c) 2016 TKJ Corporation. All Rights Reserved.